« 前衛芸術家 草間彌生 | トップページ | ウィリアム・メリット・チェイス と ジャポニズム »

2006年11月26日 (日)

ミュシャ 四連作 by カミュ ジョセフィーヌ

Camus_josephine_1

Camus Josephine

どちらかというと、女性のコニャックとしてつくられた、フランスNEONのカミュ ジョセフィーヌ(国内価格3,654円)。ナポレオンの最初の妻だった、皇后ジョセフィーヌが由来。カミュ ナポレオンにちなんだのでしょう。もしかして、フローラルな香りが、ルドゥーテに描かせた花(薔薇)を思い起こさせるから?(笑)

香りはバイオレット。ラべルはアルフォンス・ミュシャ(アルフォンス・ムハ)。絵は1899年の四連作、「時刻の流れ Hours of Day(Heures du Jour)」から、「夕べの夢想 Evening Reverie」です。朝の目覚め 、昼の輝き、 夕べの夢想 、夜のやすらぎと一日は過ぎていく。

夜のやすらぎにはいる前のひととき。夕べの夢想にひたりながら、カミュ ジョセフィーヌ。

Precious_stones

Precious Stones(四つの宝石) 1900
トパーズ・アメジスト・ルビー・エメラルド

The_four_art_mucha

The Four Art(四芸術) 1898
Dance・Music・Painting・Poetry

Sweet_2

Les Saisons 1897 カレンダー四季

Star

The Stars 1900(星)
Moonlight, Evening Star, North Star, Morning Star
月光・宵の明星・北極星・明けの明星

Les_saisons_1900_2

Les Saisons 1900(四季)
春・夏・秋・冬

Sweet

The Four Seasons 1896(四季)


Poster

1902年ポスター 四季の夏


12

DESIGNS FOR THE MONTHS, 12 POSTCARDS


楓さんから借用している画像 2010年更新
一日の四つの時間 Hours of Day(Heures du Jour)


Morning Awakening (Eveil du Matin) 朝の目覚め
Daytime Dash (Eclat du Jour) 昼の輝き
Evening Reverie (Reverie du Soir) 夕べの夢想
Nightly Rest (Repos de la Nuit) 夜のやすらぎ
このプリントは写真画像で少し光っています。

この4枚は1900年の「一日の四つの時間」になります。朝、昼、夕べ、夜の4つの時。モローは「人類の生」で朝・昼・夜と三つの時を描いていますが、「夕べ」というタイトルの作品もあります。そして「夕べと苦しみ」は有名ですね。バーン・ジョーンズは「天地創造」を描いたなかに、第1日目と第4日目に時をわけています。

創世記第1章にはそのように天地創造の7日間の順序がありますが、聖書は「夕べがあり、朝があった」として1日を定めています。

一日の四つの時間とは天地創造の神業を描いているのかなとあらためて思いました。



Hours of Day(Heures du Jour) 1900

洋書「Alphonse Mucha, the Complete Posters and Panels」(ジャック・レナート,アラン・ヴェイユ著)に掲載されています。これはリトグラフ。アンティーク美術(古美術)のマックロウ・ギャラリーにあります。

|

« 前衛芸術家 草間彌生 | トップページ | ウィリアム・メリット・チェイス と ジャポニズム »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85947/4316134

この記事へのトラックバック一覧です: ミュシャ 四連作 by カミュ ジョセフィーヌ:

» アダミテ ミュシャ 挿絵 [Life Style Concierge]
Adamiteacute; or Adamites をアダミテと読みますね。ローマカトリック教会から異端とされていたアダム派というのが、アダムとイヴのアダムのこと。アダムの潔白を信じる者達が、エデンの園の以前の生活を提唱する彼らを「アダミテ」と呼びました。15世紀のボヘミアで、パンとワインのミサを尊ぶフス派宗教改革でも(ミュシャ スラブ叙事詩を参考に)、アダム派の信者達が存在していましたが、過激派とされ、フス派とも抗争がはじまり、果てには滅んでしまいます。 スヴァトプルク・チェフ(Sva... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 22時58分

» ミュシャ 挿絵 アナトール・フランスのクリオ [RE+nessance]
フランス文学で著名なアナトール フランスは、1880年代から1920年代まで活躍した作家であり、批評家。1921年ノーベル文学賞を受賞した。 邦訳されているアナトール・フランス小説集の第10巻のタイトル「ジャック・トゥルヌブローシュのコント」には、「オリヴィエの法螺」「カササギの奇蹟」「僧ジョコンド」「 ピカルディの女、ポワティエの女、トゥールの女、リヨンの女、パリの女」「 教えに従う」「舌のパテ」「恐ろしき絵画のこと」「ドゥシーヌ嬢へのお年玉」「ロクサーヌ嬢」「キメの歌うたい」「アトレバテスのコ... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 23時03分

» アルフォンス・ミュシャ 西風とニンフ [ComicStrip]
チェコ国立モラヴィア・ギャラリー、ブルーノ(The Moravian Gallery in Brno )所蔵の「西風とニンフ」です。現在、チェコ国立モラヴィア・ギャラリー、ブルーノとチェコ国立プラハ工芸美術館所蔵作品による「アルフォンス・ミュシャ展~憧れのパリと祖国モラヴィア~」...... [続きを読む]

受信: 2007年1月13日 (土) 13時07分

« 前衛芸術家 草間彌生 | トップページ | ウィリアム・メリット・チェイス と ジャポニズム »