« エドヴァルト・ムンク 人魚 | トップページ | ピエール=オーギュスト・ルノワール »

2007年2月20日 (火)

ギュスターヴ・モロー サロメ

Salome_sweet_01

「サロメ」 1875年 ギュスターヴ・モロー美術館所蔵

fu- の 「ギュスターブ・モロー 6枚のサロメ 」をみて、見たことがない「サロメ」が二点ほどありました。「大皿にのせたバプテスマのヨハネの頭をはこぶサロメ」(個人所蔵)など。

「ギュスターブ・モロー サロメ」
「エチュード(習作) サロメ」(部分)
「ジョン=バプティストの斬首」 / 「サロメ」
「エチュード サロメ/レダ」(部分)
「エチュード ジョン=バプティストの斬首のサロメ」

「ギュスターブ・モロー 6枚のサロメ 」
「サロメ」年代不詳
「大皿にのせたバプテスマのヨハネの頭をはこぶサロメ」(個人所蔵)
「サロメの舞踏」 1876年頃 水彩 メナード美術館所蔵
「踊るサロメ」(刺青のサロメ) 1876年頃 モロー美術館
「踊るサロメ」 1886年 水彩 ルーブル美術館
「ヘロデ王の前で踊るサロメ」 1876年 モロー美術館

モローは、案外「好き嫌い」が多い作品の画家ではないかと思います。「モローはダメなの。」という人もいて、Saiさんの言葉を借りれば「独特の風味」があるらしく、その家庭やもしくは料亭が誇る「味付け」のようなものかもしれません。(笑)

Moreau_sweet_04

ヘロデ王の前で踊るサロメ 1876年
アーマンド・ハマー美術文化センター所蔵

Moreau_sweet03

L'Apparition 出現 1876年 水彩 
ルーブル美術館所蔵

Moreau_sweet_02

L'Apparition 出現 1876年 油彩
ギュスターヴ・モロー美術館

Salome_sweet_09

牢獄のサロメ 1873~76
(クリックで画像が大きくなります。)
東京国立西洋美術館

fu- の記事からは、ギュスターヴ・モロー自身が語る「サロメ」という女性像が引用されているので、ご覧ください。

Salom_au_jardin_03

左:サロメ 年代不詳 モロー美術館
中央:サロメの舞踏(部分)  年代不詳 モロー美術館
右:庭園のサロメ 1878 個人蔵
(画像をクリックすると大きくなります。)

SaiさんやMMのサイトから、モローが描いた「歌舞伎役者」をはじめて知り、ちょっと今までとは違う印象を受けました。「なんでも描けるんだ」ということです。その描こうと思ったものの「香り」をしっかり掴んでいる。サロメにみられるように、モローという画家の作品と、すぐに見分けることができないものは、その「香り」を描いているからではないでしょうか。

ギュスターヴ・モロー 関連記事
「ボッティチェリ 模写 ヴィーナスの誕生」1859年
ギュスターヴ・モロー  アフロディテ
ギュスターヴ・モロー 歌舞伎役者/「詩人と聖女」
ギュスターヴ・モロー 「歌舞伎の女形二人」
ガラテアイアソンとメディア
多翼祭壇画「人類の生」KAFKA 「人類の生」
ルドンのオルフェウス モローのオルフェウス
未完のようなサロメ そしてエボーシュ

|

« エドヴァルト・ムンク 人魚 | トップページ | ピエール=オーギュスト・ルノワール »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85947/5416567

この記事へのトラックバック一覧です: ギュスターヴ・モロー サロメ:

» ガラテア [Life Style Concierge]
ガラテアというと、皆さんは、妖精ガラテアを思い出すでしょうか。それとも、戯曲や映画、小説にもえがかれているピグマリオンのガラテアですか? オルセー美術館展にちなんで、最初は海の妖精 ガラテアから。 ガラテアには乳白の女神という意があります。 巨人ポリュフェモスは、アフロディテの美しさに比類する、乳白の女神 ガラテアに恋をします。 ガラテアは、自分の白い肌と、その美しさを十分知っていました。彼女に恋焦がれない男性がいないことも承知しています。 ガラテアは、つぎつぎと蔑み、あし... [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 11時56分

» ギュスターヴ・モロー 「アフロディテ」 [Life Style Concierge]
美と愛の女神アフロディテは、ギュスターヴ・モローの1870年の作品です。ファム・ファタルの描き方とはちがい、なんと優美なのでしょう。 建築家であった父親から、モローはギリシャやローマの古典文学を愛読したそうですが、海面に漂う切り取られたウラノスの陰部に白い泡が沸き立ち、誕生したのがアプロディテという口承にそった描き方。 ハーバード大学フォッグ美術館 所蔵 The Fogg Art Museum, Harvard University ギュスターヴ・モロー 関連記事 ギュスターブ・モ... [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 11時57分

» イアソンとメディア [Life Style Concierge]
「さぁ、次は僕だよ。」と云って、女王メディアの両手を、自分の首へまわしたのは、うえの子供。いま、弟の身体を抱きしめて、母メディアが殺すのを手伝ったばかりでした。 夫のイアソンは「王」という座に目が眩み、グラウケと挙式。メディアはグラウケを殺し、すべてを失ったイアソンは絶望。メディアは死んだ2人の子を抱え、去って行きます。 メディアは、セネカ(小セネカ)の戯曲が有名ですが、詩人エウリピデスの作品。 クィント・エンニオ、オウィディウスなど、古代の詩人や作家、哲学者たちが、ずいぶんと... [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 11時59分

» ギュスターヴ・モロー [remove]
ギュスターヴ・モロー美術館所蔵 1886年 多翼祭壇画「人類の生」 −上段左から順に追ってみると− アダム:金の時代・朝・祈り アダム:金の時代・星・陶酔 アダム:金の時代・夜・眠り −中段の左から− ヘシオドス :(ヘシオドスとオルフェウス) 銀の時代・朝・インスピレーション オルフェウス:(ヘシオドスとオルフェウス) 銀の時代・昼・歌 ヘシオドス :(ヘシオドスとオルフェウス) 銀の時代・夜・嘆き −下段− 鉄の時代・カイン・朝・労働 鉄の時代・カイン・昼・... [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 20時13分

» ギュスターヴ・モロー [KAFKA]
まるで、小さな妖精のように描かれたアダムとイヴ(エヴァ)。これは、ギュスターヴ・ [続きを読む]

受信: 2007年2月23日 (金) 11時01分

» ギュスターブ・モロー 6枚のサロメ [Life Carrer Counseling]
ギュスターヴ・モロー 「サロメ」 いったい誰が「サロメ」と命名したのでしょうか。聖書では、娘と記されています。 刺青やベール、宝飾を纏ったモローの数々の「サロメ」より幼くみえるためか、裸婦で描かれているにも関わらず、「刺青のサロメ」などより官能性が低く感....... [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 19時15分

» ユディット(ユーディット) [Allegory]
ユーディットとサロメのちがいは、育ちも姿勢も違うこと。 KAFKA サンドロ・ボッティチェリ ユディト 二人のユダヤ人女性、ユディトとサロメを同一に扱う場合が多いですが、ユディトは民衆のために、自ら赴いた果敢な女性です。 あの、「春(ラ・プリマベーラ)」、「ヴィーナスの誕生」を描いたサンドロ・ボッティチェリのユーディットです。 サロメですが、オスカー・ワイルドの戯曲では、... [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 19時21分

» ヤン・マセイス ユディト(ユディット) [Life Style Concierge]
ヤン・マセイス ユディト 年代不詳 アントワープ王立美術館所蔵 ユディトは敵将ホロフェルネスの首を刎ねます。 ユデットの詳細記事 サンドロ・ボッティチェリ ユデット クリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。 なんともいえない笑みを浮かべているユディト。とても美しく描かれていますね。シースルーの刺繍のトップに腕輪、サテンというよりシフォンのようなボトムの光沢。ティアラを身につけた高貴な身分を思わせるユディト。 でもその笑みは、蔑み。 ホロフェルネスの首を持... [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 23時18分

» ルーカス・クラーナハ  ユディット&サロメ [ arekao! Maki's Style blog]
Judith, 1525 Lucas Cranach み〜んな剣の下には、「ホロフェルネスの首」が描かれてるんだよね・・・。ほんと、ルーカス・クラーナハ(the Elder)は ドイツ・ルネサンスの巨匠だけれど、やっぱり、名画とはいえ、斬首の絵はあんまり載せたくないね。だから、上8枚はカットしてる。こんなにユディットを描くのは、ギュスターヴ・モローのサロメと一緒だね。(笑) ユディットについて  サンドロ・ボ�... [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 23時19分

» ルドンのオルフェウス モローのオルフェウス [Stylish-Club]
オディロン・ルドン オルフェウス 1903~1910年クリーブランド美術館オディ [続きを読む]

受信: 2007年3月 9日 (金) 19時05分

« エドヴァルト・ムンク 人魚 | トップページ | ピエール=オーギュスト・ルノワール »