« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月 9日 (金)

ピエール=オーギュスト・ルノワール

A nymp by a stream

ニンフ・ バイ・ ザ・ ストリーム(小川の妖精)
1869-70年 ロンドン,ナショナル・ギャラリー
ピエール=オーギュスト・ルノワール

このモデル、リーズ・トレオ Lise Tréhot (1848-1922)らしい。あの国立西洋美術館にある「アルジェリア風のパリの女たち」(1872年)の、真ん中の女性といっしょ。随分違ってみえます。ちなみに19歳のリーズが描かれた、「日傘をさすリーズ」(1867年)の作品は、これが19歳?という印象。40代のマダムにしかみえません。

この小川の妖精(邦訳これでいいのかな)、当時の題材として、いろんな画家が描いています。

ルノワールが好きかって言われますと困ります。(笑)

この作品は、「妖精」を描いているはずなのに、「人間」を感じさせます。モデルとの親密な関係がそうさせるのでしょうか。また、裸婦や風俗画の女性達は、人間を対象としているのに、別な世界の生物のようです。その当時の社会風潮や、大衆の理想と憧憬となるような女性を描いているからでしょうか。

ルノワール関連記事
絵画の法王
「習作-花」
ルノワール 薔薇色の作品
ルノワール  ロージュへの贈り物
肖像画 エドモンド・メートル
La Grenouillère  ラ・グルヌイエール
モネとルノワールの4枚のラ・グルヌイエール
ジュリー・マネ
モリゾのデッサンとルノワールの作品
ラ・グルヌイエール
カリアティデス(女像柱)
マドモアゼル ジュリー・マネ
ルノワール と フレデリック・バジール
19世紀の写真と絵画 ルノワール

| | トラックバック (7)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »