« ギュスターヴ・モロー サロメ | トップページ | 19世紀の写真と絵画 オダリスク »

2007年3月 9日 (金)

ピエール=オーギュスト・ルノワール

A nymp by a stream

ニンフ・ バイ・ ザ・ ストリーム(小川の妖精)
1869-70年 ロンドン,ナショナル・ギャラリー
ピエール=オーギュスト・ルノワール

このモデル、リーズ・トレオ Lise Tréhot (1848-1922)らしい。あの国立西洋美術館にある「アルジェリア風のパリの女たち」(1872年)の、真ん中の女性といっしょ。随分違ってみえます。ちなみに19歳のリーズが描かれた、「日傘をさすリーズ」(1867年)の作品は、これが19歳?という印象。40代のマダムにしかみえません。

この小川の妖精(邦訳これでいいのかな)、当時の題材として、いろんな画家が描いています。

ルノワールが好きかって言われますと困ります。(笑)

この作品は、「妖精」を描いているはずなのに、「人間」を感じさせます。モデルとの親密な関係がそうさせるのでしょうか。また、裸婦や風俗画の女性達は、人間を対象としているのに、別な世界の生物のようです。その当時の社会風潮や、大衆の理想と憧憬となるような女性を描いているからでしょうか。

ルノワール関連記事
絵画の法王
「習作-花」
ルノワール 薔薇色の作品
ルノワール  ロージュへの贈り物
肖像画 エドモンド・メートル
La Grenouillère  ラ・グルヌイエール
モネとルノワールの4枚のラ・グルヌイエール
ジュリー・マネ
モリゾのデッサンとルノワールの作品
ラ・グルヌイエール
カリアティデス(女像柱)
マドモアゼル ジュリー・マネ
ルノワール と フレデリック・バジール
19世紀の写真と絵画 ルノワール

|

« ギュスターヴ・モロー サロメ | トップページ | 19世紀の写真と絵画 オダリスク »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85947/5627678

この記事へのトラックバック一覧です: ピエール=オーギュスト・ルノワール:

» ルノワール カリアティデス(女像柱) [ComicStrip]
カリアティデス(女像柱) 1910年頃 ピエール=オーギュスト・ルノワール リンカン(リンカーン)大学 バーンズ・コレクション カリアティデス(女像柱)は、ギリシャの神殿の柱によくみられます。ギリシャの抒情詩人「アナクレオンの牧歌」を読んだルノワールは、...... [続きを読む]

受信: 2007年3月10日 (土) 14時49分

» マドモアゼル ジュリー・マネ [mari-note]
本を持つジュリー・マネ ベルト・モリゾ 1889年 個人所蔵 モリゾと巨匠マネの [続きを読む]

受信: 2007年3月10日 (土) 14時49分

» ルノワール作 肖像画 エドモンド・メートル [RE+nessance]
フレデリック・バジールが描いた、友人のエドモンド・メートルだ。バジーレの「バジールのアトリエ、ラ・コンダミヌ通り」では、隅のピアノを弾いていたり、アンリ・ファンタン・ラトゥールの「バティニョールのアトリエ」では、バジーレの隣に描かれて、「ピアノを囲んで」では、エマニュエル・シャブリエと向き合って座っているという。とにかく印象派の画家の描く作品に、多数登場している。 この「バジールのアトリエ、ラ・コンダミヌ通り」、そして「バティニョールのアトリエ」に、エドモンド・メートル同様にバジーレと親しかった画... [続きを読む]

受信: 2007年3月11日 (日) 01時05分

» ピエール=オーギュスト・ルノワール [BLUE MOON]
オルセー美術館展で、「ジュリー・マネ」が公開されていますが、こんなふうに、自然 [続きを読む]

受信: 2007年3月11日 (日) 18時34分

» ピエール・オーギュスト・ルノワール 絵画の法王 [remove]
ワトーやブーシェのロココ調に惹かれたのが13歳。磁器の絵付けをの手描きをしていた頃だから、マイセンのプラークにもみられるワトーやブーシェ風の絵付けに関心があったのかもしれない。だが、機械化のため退職し、商業装飾へと進みながら美術学校へといく。 それが、「自画像」のルノワール(1875年、スターリング・アンド・フランシーヌ・クラーク美術館)だ。そうして、のちの印象派たちに出会っていく。21歳のときで、翌年「踊るエスメラルダ」がサロンで入選。終了後に自分で破棄。 遺影 フレデリック・バジール... [続きを読む]

受信: 2007年3月12日 (月) 23時31分

» ルノワール 薔薇色の作品 [KAFKA]
ルノワールの作品です。結構、困る。仲間うちで1000点ちかく作品をみて(美術書や [続きを読む]

受信: 2007年3月12日 (月) 23時32分

» ルノワール  ロージュへの贈り物 [Life Style Concierge]
楽屋の花束 1878 - 1880年 オランジュリー美術館ピエール=オーギュスト・ルノワール Pierre-Auguste Renoir シャルパンティエ夫人、そしてジャンヌ・サマリーの立像がサロンに入選する前の年から、入選後にかけて完成された作品です。楽屋の椅子に置かれた薔薇の花束。楽屋とは、ジャンヌ・サマリーを示しているのでしょうか。 そうなら、なんと洒落た1枚でしょう。二人は恋人同士でしたからね。 ジュリー・マネ関連記事 ジュリー・マネ マドモアゼル ジュリー・マネ ルノワ... [続きを読む]

受信: 2007年3月12日 (月) 23時32分

« ギュスターヴ・モロー サロメ | トップページ | 19世紀の写真と絵画 オダリスク »