« 2007年4月 | トップページ | 2010年4月 »

2009年7月21日 (火)

ウィーン世紀末 エゴン・シーレ

800pxegon_schiele_043

エゴン・シーレ 「横たわる女」 1917年
Egon Schiele  「Liegende Frau」(独) 

エゴン・シーレ(Egon Leo Adolf Schiele)の記事をいくつか書いたことがあったのは2年位前。ずいぶんと自画像が多いので、どんなに自分に興味があるものかと関心を持ったのが理由。

つまり、彼の作品は特別好きではないというのが本音です。

ただ、この「横たわる女」では、シーレのドローイングに多い女性の中では、比較的に穏やかな印象を受けるのでご紹介しました。どういうわけか、私は彼の作品から「ピリピリ」、「イライラ」が感じてしまいます。よく「エロス」、「ポルノグラフィティ」、「醜さ」などの言葉が持ち出されますが、私はそんなイメージではなく、「拷問された」とか「痛めつけられた」とかそんな印象。 つまりドメステックバイオレンスの被害女性にみえちゃう。

ところがこの「横たわる女」にはそういう印象がない。妻エディトらしい面影も見えます。

もうひとつ、下側の乳房から真下あたりに落款のようにもみえませんか?

この「横たわる」作品には「模様のあるブランケットのうえに横たわる裸の少年」っていうのがあったんですね。クリムトっぽいです。alei さんの記事だと思う。

そのトラックバックには、「花の咲いた草原に立つ少女」、「緑色のシャツを着て立った女、黒い靴下をはいた女(ヴァリー・ノイツィール)」がきていましたが、後者の記事は女性で、表現は違うのですが、シーレの作品について私と同じ印象を抱いているようです。

記事ちょっと更新
いつのまに記事アップしたんですか?

エゴン・シーレ 二重の自画像
ウィーン世紀末 クリムト、シーレの接吻、抱擁
エゴン・シーレ ウィーン世紀末的運命
クリムト・シーレ 「ダナエ」
エゴン・シーレ 磔刑 (Crucifixion)

sai さんの「クリスティーズ - Egon Schiele エゴン・シーレ」からは、クリスティーズでオークションにだされたシーレの作品、シーレの画集などの紹介。

過去記事
カテゴリー エゴン・シーレ

| | トラックバック (3)

« 2007年4月 | トップページ | 2010年4月 »