« 19世紀の写真と絵画 オダリスク | トップページ | 狂ひ女 オフィーリア »

2009年7月21日 (火)

ウィーン世紀末 エゴン・シーレ

800pxegon_schiele_043

エゴン・シーレ 「横たわる女」 1917年
Egon Schiele  「Liegende Frau」(独) 

エゴン・シーレ(Egon Leo Adolf Schiele)の記事をいくつか書いたことがあったのは2年位前。ずいぶんと自画像が多いので、どんなに自分に興味があるものかと関心を持ったのが理由。

つまり、彼の作品は特別好きではないというのが本音です。

ただ、この「横たわる女」では、シーレのドローイングに多い女性の中では、比較的に穏やかな印象を受けるのでご紹介しました。どういうわけか、私は彼の作品から「ピリピリ」、「イライラ」が感じてしまいます。よく「エロス」、「ポルノグラフィティ」、「醜さ」などの言葉が持ち出されますが、私はそんなイメージではなく、「拷問された」とか「痛めつけられた」とかそんな印象。 つまりドメステックバイオレンスの被害女性にみえちゃう。

ところがこの「横たわる女」にはそういう印象がない。妻エディトらしい面影も見えます。

もうひとつ、下側の乳房から真下あたりに落款のようにもみえませんか?

この「横たわる」作品には「模様のあるブランケットのうえに横たわる裸の少年」っていうのがあったんですね。クリムトっぽいです。alei さんの記事だと思う。

そのトラックバックには、「花の咲いた草原に立つ少女」、「緑色のシャツを着て立った女、黒い靴下をはいた女(ヴァリー・ノイツィール)」がきていましたが、後者の記事は女性で、表現は違うのですが、シーレの作品について私と同じ印象を抱いているようです。

記事ちょっと更新
いつのまに記事アップしたんですか?

エゴン・シーレ 二重の自画像
ウィーン世紀末 クリムト、シーレの接吻、抱擁
エゴン・シーレ ウィーン世紀末的運命
クリムト・シーレ 「ダナエ」
エゴン・シーレ 磔刑 (Crucifixion)

sai さんの「クリスティーズ - Egon Schiele エゴン・シーレ」からは、クリスティーズでオークションにだされたシーレの作品、シーレの画集などの紹介。

過去記事
カテゴリー エゴン・シーレ

|

« 19世紀の写真と絵画 オダリスク | トップページ | 狂ひ女 オフィーリア »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85947/30643042

この記事へのトラックバック一覧です: ウィーン世紀末 エゴン・シーレ:

» シーレ ウィーン世紀末 [Adventures in Wonderland]
JUGEMテーマ:美術鑑賞 Standing woman in a green skirt (1914)緑色のシャツを着て立った女 Egon Schiele (1890-1918)いま札幌では「クリムト、シーレ ウィーン世紀末展nbsp;」が開催していて、9月には東京にやってくる。さっき、以前TBしてもらったサイトの記事が、シーレの絵葉書の下絵をアップ。その記事「花の咲いた草原に立つ少女」は、「顔」、「身体」こそ、これまでの栄養失調的な作品のイメージと変わらないですが、醜く描いていないの... [続きを読む]

受信: 2009年7月21日 (火) 23時32分

» エゴン・シーレ  花の咲いた草原に立つ少女 [Fin de sicle]
「ウィーン世紀末 エゴン・シーレ」というタイトルの記事から、「[http://blog.livedoor.jp/removeremove/archives/51475903.html Nacked boy lying on a patterned blankett(模様のあるブランケットのうえに横たわる裸の少年)]」という作品をみた。 エゴン・シーレの作品で、自宅に飾ってもいいかと思えるものが少ない中、その少年の作品は良かった。 あまり好きなタイプではないので、シーレの作品集を買って..... [続きを読む]

受信: 2009年7月21日 (火) 23時33分

» エゴン・シーレ:磔刑 Crucifixion [ComicStrip]
エゴン・シーレ 磔刑 (Crucifixion) 1907年頃 エゴン・シーレのスキャンダルには、宗教、聖職者の冒涜なんてものがあった。1912年にもろもろの理由で逮捕されている。その勾留されたときに、意味深長な言葉を書き添えた水彩画などを12点描いている。油彩画「枢機卿と尼僧(愛撫)Cardinal and nun」(191... [続きを読む]

受信: 2009年7月23日 (木) 23時17分

« 19世紀の写真と絵画 オダリスク | トップページ | 狂ひ女 オフィーリア »