2006年5月20日 (土)

カフェ・ムゼウムとアドルフ・ロース

Cafe_museum
LeopoldMuseum Kooperationspartner Cafe Museum„Cafe Nihilismus“で、クリムトたちの活動を記しています。

メモ書きまでも残そうとしたコルビジェに対して、情報を徹底的に削除しようとしたロースは、晩年は絵を描いて過ごしましたが、死の直前に全て焼き捨てたと・・。そういうロースは、建築についてこう述べています。

建築について」 著:A.ロース 1910  訳:ミック Copyright (C)
-私が初めてものを作ることを許されたとき、既に述べたように、私が考える建築は平面上では表現することが難しかったため、私の仕事は酷評された。12年前、ウィーンでカフェ・ムゼウムを作ったときのことである。建築家たちは「カフェ・ニヒリズム」という名前を付けてくれたも のだ。しかし、カフェ・ムゼウムは今でも現存しているが、一方、他の大勢の建築家によって行なわれた近代的な内装の仕事は全部、とっくの昔にガラクタ置き場に投げ捨てられた。あるいはそうでなくとも、彼らは自分の仕事を恥じねばならなくなった。一方、カフェ・ムゼウムは今日の内装の仕事に、それ以前の全ての仕事を集めたよりも、ますます大きな影響力を持つようになった。そのことは、1899年にミュンヘンで発行された『装飾芸術』誌を見れば分かるだろう。同誌にはカフェ・ムゼウムの内装空間の写真が――私が思うに、編集部の方針に従って――掲載されたのだが、しかし、この写真は当時、全く影響を及ぼさなかった――完全に無視されたままだったのである。影響力を持ったのは、実際の建築物だけだった。それは、昔の親方も持っていたあの力、郵便も電話も新聞もなかったのに、世界の隅々まで実に素早く広まった力である。  19世紀後半は、「我々は建築様式を持っていない!」という文化喪失の嘆きに満たされた時代であった。全くもって間違った、正当性に欠ける言い分である。まさにこの時代こそ、以前のどんな時代とも異なる強力な様式を持った時代だった。それは文化史上、前例のない変化であった。-

| | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

Cafe Museums

440xy_aussenansicht_002

2003年12月04日 ウィーンの記事から

『カフェ・ムゼウム復活』
世紀末に芸術家が集った カフェ・ムゼウム(独/英)が当時の白黒写真を元に再現。天井の湾曲と奥の段差以外は昔の面影を失っていた。「装飾と罪悪」という本で有名な建築家、アドルフ・ロースが設計した「カフェ・ムゼウム」。1930年代にヨーゼフ・ホフマンの弟子であるヨーゼフ・ツォッティによってなされたもので、今回改装された姿がロースのオリジナル設計です。

ここが、エゴン・シーレやクリムト達のシンジゲートである「Cafe Museums 」です。アール・ヌーボーの時代に建てられた建築にしては、シンプルな印象の店内です。

Operngasse 7, 1010 Wien
Tel./Fax: +43 1 586 52 02 - Frau Zellhofer
E-mail: cafe.museum@vivat.at
Web:  www.cafe-museum.at

| | トラックバック (0)